今からでも十分間に合う|必要な知識が学べる通信高校

中高一貫校への受験

笑顔の生徒と先生

将来設計を真に考えるなら、高校だけでなく中学受験も視野に入れましょう。中学の段階で中高一貫校に通うことで、より大学受験の選択肢を広げることが出来ます。学習塾なども利用しつつ、中学受験の合格を目指しましょう。

もっと読む

通信で学ぶ

微笑む女の人

通信で学ぶには

学校といえば一般的には全日制のものが想像されます。しかし全日制の場合には決められた時間に学校に通う必要があり、様々な理由から毎日通うことが困難な人にとっては通うことができません。これらの人のために存在しているのが定時制高校と通信制高校です。定時制の場合には全日制と同じく学校に通う方法ですが時間制になっただけで学校に通う必要があります。以前は多くの定時制高校がありましたが、生徒数の減少から統廃合が進んでおり気軽に学べるといったものではなくなりつつあります。代わって増えて来たのが通信制高校になります。通信制高校の場合には、自宅で学ぶことができるもので定められた時間だけ学校に通うだけでよく課題の添削や面接指導、試験などを通じて単位を取得するものです。もちろん、法律で定められた高校であるため卒業すると高校卒業の仕組みを得ることができます。

大学進学は出来るのか

通信制高校といっても学ぶ内容は一般の高校と変わりなく高校卒業という肩書を得ることが出来ます。一方で授業時間の問題から進学率は低調です。全日制高校は7割以上が大学や専修学校へ進学することになりますが、通信制高校での進学は3割程度に留まっています。この理由としては通信制高校を利用する人が進学を目的としない人が多いことが挙げられます。通信制高校を利用する人はさまざまで、学校に登校するのが困難な人や働きながら学びたいといった人が中心であり、高校卒業がゴールの人が多いためです。特に大学進学となると高校以上に学費が必要になり誰もが通えるものとは限りません。しかし現実には進学できないわけではなく挑戦する人も多くいます。このため大学進学を前提とした通信制高校も多くあり、大学進学を考えるのであればこれらの通信制高校を選ぶことがポイントになります。

通っている人が沢山いる

2人の女性

医師を目指している人は沢山いますが、実際にこの職業に付くことができる人はそれほどいないです。医師になることはとても難しいことですが、医学部予備校に通ってしっかりと勉強をすればその願いが叶う確率も高くなります。ですから自分に合った医学部予備校を探してそこでしっかりと学習することが大切です。

もっと読む

色々な高校があります

パソコン操作

東京には多くの高校があります。全日制高校や定時制高校、通信制高校など多数あるのです。自分の目的に合わせてそれらの中から自分が通いたいと思える高校を探して、ネットなどで色々と調べてから決めるようにしましょう。

もっと読む